シングルスについて

バドミントンシングルスについて

シングルスのゲーム特性では、広いエリアで一人で戦うための戦術と技術、体力が必須となります。相手コートにシャトルを返球できなかった選手がポイントを失います。相手が返球できない珠を打つことが勝つための必要な技術です。相手から飛んでくるさまざまさショットを一人で守り、一人で攻撃しなければなりません。ショットを打ったあとなど、空いたスペースができてしまいます。その空いたスペースを今度は相手が狙ってきます。シングルスは攻撃と守備の切り替えがとても早く、いかに相手の体勢を崩し長いラリーを戦うことができるかが鍵を握ります。

  1. 2ゲーム選手のラリーポイント方式。(21点3ゲーム)
  2. 20-20の場合、2点差もしくは、30点先取した方が勝ちとなる。
  3. 11点にどちらかが先に先取した時点で1分を越えない休憩を設ける。
  4. ゲームとゲームの間に2分間を越えない休憩を設ける。

シングルスコートの範囲

薄いオレンジ色がシングルスコートの範囲エリアとなります。

サービス(サーブ)について

バドミントンはサービス(サーブ)側が不利です。その為、サービス(サーブ)からの3球目まででいかに主導権をとるかがキーポイントです。

サービス(サーブ)をした人の得点が続く限りサーブ権が続きます。レシーブをした人が得点を取った場合、ポイントが入りサーブ権が移動します。

偶数点の時

サービスは、偶数点の時は右側(A)からサービスをおこないます。レシーバー(B)も対角線で構えます。

サービスをしたシャトルが青色の領域に入らない場合アウトとなります。

偶数0-0偶数点の時

奇数点の時

サービスが奇数点の時は左側(A)からサービスをおこないます。レシーバー(B)も対角線で構えます。


東京で一緒にバドミントンをしませんか?

初心者集うバドミントンサークル「トニテン」は初心者が集い楽しめるフレッシュな二年制のバドミントンサークルです。初心者の方がバドミントンを始めやすい環境がここにはあります。「2年後にバドミントン初心者脱出!1年に1度「他団体と交流試合」自分で納得できる結果を残す!」を目標に取り組みます。気軽に練習を楽しみながら上達を図ることをモットーに練習を行っています。1度遊びに来てください!

初心者バドミントンサークル

初心者が集うバドミントンサークル「トニテン」とは、どんなサークルなのか知りたい方。

初めての方へ

練習場所や日程を知りたい。

スケジュール

参加したい場合は、前日までに参加申請を

参加申請

わからない事がある場合

よくある質問

PAGE TOP